Event is FINISHED

「愛される素材、SIWA|紙和」
<トークイベント:深澤直人氏(デザイナー)>

Description

SIWA│紙和 — 触れて、馴染む道具」 

日本が伝統的に守り続け、いまや世界で評価される素材となった和紙。それを現代が受け入れる形へと昇華させたのが「SIWA」です。強度と耐久性に優れる和紙は、必然的に長く使い続けることができ、同時に柔らかさと風合いを増していきます。手にするほどに肌に馴染み、そっと暮らしに寄り添う形に仕上がっていく和紙独特の存在感に注目し、山梨の和紙メーカー、大直は、2008年に「SIWA」を発表しました。

本トークイベントでは、SIWA|紙和のデザインを手がけてきた、深澤直人(デザイナー)が、SIWAが歩んできた10年を振り返るとともに、和紙の魅力、そして暮らしの道具と人の豊かな関係について改めて思いを巡らせ、お伝えします。(聞き手:デザイン誌「AXIS」編集長 上條昌宏)

【トーク概要】
日時:1017日(水)19:0020:0018:30開場)
定員:100名
会場:アクシスギャラリー
住所:東京都港区六本木5-17-1 4F
参加費:無料(要事前申し込み)

問い合わせ:lm-info@axisinc.co.jp

【プログラム(予定)】
 18:30      開場
 19:00 - 20:00 トーク
 20:00 - 21:00 展示会場に移動、オープニングレセプション


深澤 直人
プロダクトデザイナー
1956年  山梨県生まれ。
1980年  多摩美術大学プロダクトデザイン学科卒。
1989年  渡米、IDEO入社。
1996年  帰国、IDEO東京支社長。
2003年  NAOTO FUKASAWA DESIGN 設立。

卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、イタリア、フランス、ドイツ、スイス、 北欧、アジアなど世界を代表するブランドのデザインや、日本国内の企業のデザインやコンサルティングを多数手がける。電子精密機器から家具・インテリアに至るまで手がけるデザインの領域は幅広く多岐に渡る。

【関連展示】
リビング・モティーフ(アクシスビル1F)では、SIWAの特別展示を行っています。
会期:1017日(水)— 116日(火) 10/31(水)は臨時休業
本イベントではSIWAの定番アイテムに加え、初お披露目となる国産楮100%の手漉き和紙を使用した楮×SIWAシリーズ、張り子の技法を応用した時計やコンテイナー、さらに染色家の柚木沙弥郎さんとのコラボレーションシリーズなど、10周年を記念したさまざまな商品を展示・販売いたします。


SIWA|紙和】
千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー 大直が、紙の可能性を広げる日常品「SIWA|紙和」シリーズを工業デザイナーの深澤直人さんと一緒につくりました。深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」を、くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、 その優しさを生かした日常品のデザインを提案しました。 SIWA|紙和」という名前は、紙のしわと和紙の反対読みの紙和という意味があります。 和紙を丹念に精製し、革を縫製するようにひとつひとつ丁寧に生産しています

Wed Oct 17, 2018
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
AXISギャラリー
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4F Japan
Organizer
AXIS
859 Followers